ロゴ
HOME>info>注文住宅などマイホームを建てる際の費用と段取りを知ろう

注文住宅などマイホームを建てる際の費用と段取りを知ろう

住宅模型

マイホームの購入にかかる費用

注文住宅でも分譲住宅でも土地と建物の価格は当然必要です。注文住宅は自分で土地を探してきてその上に建物を別途依頼しますが分譲住宅はすでにそれがセットになって販売されています。見落としがちなのが各種手数料です。登記移転など事務手続きにそれぞれ手数料がかかります。自分で可能ならそこまでですが専門家の力を借りればそこに費用も発生するので一般的な費用を調べて考慮に入れておきましょう。

家族

マイホームを購入するメリット

マイホームを持っていることはそれだけで大きな資産を有することになります。ローンさえ完済すればそれ以降は家賃不要で安心して住み続けられます。老後に必要なお金を家を担保にして借りられる新しいサービスも始まっているので安心材料も増えています。またカードの審査など信用情報が必要な場面で不動産を持っていることは大きな加点要素になります。

住宅購入の段取り

住宅模型

条件を決めて物件を選ぶ

注文住宅を建てるときは土地選びから始まります。中古一戸建てであれば立地も評価ポイントに含めましょう。希望エリアが広範囲な場合は仲介会社に条件を渡して候補を絞ってもらうと負担が軽減されます。気になる建物は必ず現地へ赴いて見学しましょう。

購入の意思を表示する

購入申し込みまたは購入予約と呼ばれる意思表示をすると正式に購入を申し込んだことになります。申し込み証拠金が必要な物件もあるので注意しましょう。重要事項説明を受けた後は速やかに手付金の支払いが必要になるので必要なお金の算段はあらかじめ行っておきます。

建物の状態を確認して引き渡す

中古一戸建てであれば改めて建物の状態を確認して引き渡します。注文住宅は施工完了後に契約と異なる部分がないかを確認してからになります。どちらの場合もしっかり確認しましょう。この時点の修正や確認依頼は比較的受けてもらえますが引き渡した後は難色を示す業者もいます。

広告募集中